お取引について

実際のお取引の流れについて

1、まずはご連絡ください

M-6a

お客様の購入している投資商品をお知らせ下さい。投資未経験の方は、御希望やご資産がどうなれば良いかのイメージだけで構いません。お客様にとって何がお困りかをお話しください。

また、長期分散投資の効果について説明し、投資に対する不安や質問にお答えします。

2、サービスお申込み

M-11b

サービスを利用したい方には、投資に関するリスクや、契約内容について説明します。契約締結を了承してくだされば、投資顧問契約を結びます。この時点で料金が発生いたします。契約期間は半年、料金は前払い制です。アドバイスを受けたいご資産に対して、0.3%(税別)が基本です。ご資産の額に応じてサービス提供回数が変わります。
ページ内の「料金等」の項目をご覧ください。


3、契約に基づいた助言

M-3a
 お客様の資産の現状を分析し、それに基づいてお客様の投資の弱点の克服方法や長所の伸ばし方、その為に何を買い、何を売れば良いかを説明します。
運用手数料の割安なETFや販売手数料が0円のインデックス運用の投資信託が提案のメインです。

4、契約更新

M-7a
 半年後、サービス利用を続けたいお客様は、再度契約を締結してください。その際、投資結果を踏まえてどこまでをアドバイスの対象としたいか、御希望をお聞かせ下さい。
半年後の状況に応じて、アドバイス対象資産を増やしたり、減らしたりは自由です。

料金等

契約金額500万円以下

 助言1回につき¥6000(税別)となります。

契約金額500万円以上

 1契約期間につき、契約資産額の0.3%(税別)です。助言の回数については以下をご覧ください。

助言の回数

 1契約期間につき

  • 契約資産額500万円までは1契約期間に1回
  • 契約資産額3000万円までは1契約期間に2回
  • 契約資産額6000万円までは1契約期間に3回
  • 契約資産額6000万円超は1契約期間に6回

となりますが、お客様のご希望に応じて規定を超えて増やすこともできます。その際は規定を超えた分一回につき、¥6000(税別)がかかります。

助言の方法

 電話、メール、面談の中からお客様のご希望に合わせた形で行います。

備考

 メール、電話等でのご相談は随時受け付けております。

諸注意

 ・当事務所はお客様の投資に対する助言を行うのみであり、実際の投資はお客様に行っていただきます。お客様を相手に、またはお客様に代わって有価証券売買などの取引を行ったり、お客様に金銭や有価証券を貸し付けたり、お客様から有価証券や金銭を預かって運用する等の行為を行うことは致しません。これらの行為は法律で禁止されています。

 ・お客様が有価証券等を売買される際には、売買された有価証券等の税制が適用され、たとえば株式売買益に対する課税、有価証券等から得る配当、利子等への課税が発生します。

 ・当事務所とお客様が締結した投資顧問契約は、クーリング・オフの対象になります。クーリング・オフの詳しい取り扱いについては、以下のリンクから契約前締結書面をご覧ください。

 ・当事務所は暴力団、暴力団員やその関係企業等、反社会的勢力との間では投資助言をはじめ一切の取引行為を行いません。取引契約後にこれらの事項が判明した場合には、ただちに契約の撤回をさせていただきます。

 ・その他、当事務所との契約についてより詳しく知りたい方は、こちらのリンクから契約締結前交付書面をお読みください。(PDFファイルが開きます)
※書面は予告なく変更される場合があります。