書籍批評

グローバル経済の誕生 貿易が作り変えたこの世界

この書籍の評価 :
5.0 rating

15世紀頃から20世紀までの世界経済史上の出来事を描いた本です。とは言っても堅苦しい本ではありません。緻密で深い研究に裏付けられているからこそ、まるで目の前で起こったことを見てきたかのように、「運を味方にしたコロンブス」 […]

リオリエント

この書籍の評価 :
4.0 rating

「西洋の技術と知識、社会制度が未開の諸国にもたらされたお陰で、今の世界経済の繁栄とグローバル化が実現した。」という通説を否定しているのが本書です。 遅くとも1500年頃には世界規模の分業と交易を備えたグローバル経済が存在 […]

Aggregate Investment and Investor Sentiment

この書籍の評価 :
5.0 rating

今回は、前回紹介した「マクロ実証会計研究」の巻末に記載されていた参考文献の中からの紹介です。 スタンフォード大学経営大学院のCharles M.C.Lee教授(会計学)とミネソタ大学カールソン経営大学院のSalman A […]

マクロ実証会計研究

この書籍の評価 :
5.0 rating

「色んな会社の利益(会計情報)をまとめてみて、ある業界や特定の国、はたまた世界全体の経済予測や株価の傾向・特徴などを知るために利用してみたら一体何が判るのか?」という研究の、日本の第一人者のお二人が書かれた本です。 平易 […]

市場サイクルを極める

タグ:
この書籍の評価 :
5.0 rating

経済や投資理論、企業価値評価などを一通り理解していて、継続して市場平均並みのリターンを獲得出来ている人が、更にレベルアップをしたい場合に役立つ本です。アクティブに値下がりの可能性を抑えつつ市場平均を上回るためのポイントを […]

Longer-Run Economic Consequences of Pandemics

この書籍の評価 :
5.0 rating

今回は最近(2020年6月)発表された論文の紹介です。 カリフォルニア大学デービス校経済学部  Oscar Jorda教授(サンフランシスコ連銀シニア政策アドバイザー)、 Sanjay R. Singh准教授、 Alan […]

失敗の本質 ~日本軍の組織論的研究~

タグ:
この書籍の評価 :
5.0 rating

「情報を軽視し物事を客観的に分析できず、空気に支配されて忖度し合い、自由な議論がなく失敗から学べない組織」 本書から浮かび上がる、第二次大戦で米軍と戦った日本軍の姿です。 今まで何度も読み返し、最近また読み直しました。ノ […]

実証分析のための 計量経済学 ~正しい手法と結果の読み方~

この書籍の評価 :
5.0 rating

「こういう内容の本を待っていました。よくぞ書いて下さいました。本当にありがとうございます。」と言いたくなる本です。 例えば、 https://www.bis.org/publ/work834.htm に掲載されているワー […]

経済・ファイナンスデータの計量時系列分析

この書籍の評価 :
5.0 rating

体を解剖して仕組みや特徴を理解するように、株価やGDPなども解剖して、特徴や傾向を、完全とはいかなくてもある程度理解出来れば、投資をする時に、今何が起こっているのか・これから何が起ころうとしているのかを把握し易くなります […]

キーポイント 線形代数

タグ:
この書籍の評価 :
5.0 rating

キーポイントシリーズは「多変数の微分積分」を掲載済みですので、同じシリーズから2冊レビューは気が引けていたのですが、この「線形代数」も良著ですので紹介します。 この本の凄いところは、最も大切なポイントを丁寧に分かりやすく […]